ホーム > お知らせ > エージェントブログ > 転職エージェントのメリット・デメリット

お知らせ

転職エージェントのメリット・デメリット

結局、メリット・デメリットって何?

horizontal

こんにちは、CCFの林です。

転職エージェントを使い倒すために知っておくべき4つのポイント

転職エージェントを使い倒すために知っておくべき4つのポイント

  1. 登録無料のところがほとんどだけど、本当に無料?(なぜ無料?)
  2. 転職エージェントって何をしてくれるの?
  3. どこの転職エージェントがオススメなの?
  4. 結局メリット・デメリットって何?

 最後の4.結局メリット・デメリットって何?についてお話ししたいと思います。

転職エージェントを利用した場合のメリット

まずはメリットから挙げていきます。

  1. 担当エージェントになんでも相談できる。
  2. 担当エージェントが面接日程や年収について調整・交渉できる。
  3. 自分の知らない企業や、企業風土などの情報が得られる。

2.転職エージェントって何をしてくれるの?でお伝えさせていただきましたが、何といっても「何でも相談できる」がメリットではないでしょうか?
職場での悩みや転職の相談など、客観的に話を聞いてもらい、アドバイスをもらえるだけでその後の方向性を具体的にイメージできるようになるはずです。

2に関して転職に限って言えば、現在の仕事を続けながら転職活動を行う方がほとんどです。日中は仕事で忙しく、なかなか自分で求人企業とのやり取りを行うことは難しいですよね。その日程調整はエージェントが行ってくれます。
また、「月給○○万円〜(応相談)」と募集要項に書かれていても面と向かって「月給○○万円はください!」と言える人は多くないはず。その交渉もエージェントが間に入ることにより伝えやすくなります。

3に関しては、総合型と特化型の転職エージェントで変わってくるとは思いますが、基本的に2〜3社登録するうちの1社は特化型を選択するのがいいので、特化型のエージェントと繋がりの深い企業の情報を得ることができます。

転職エージェントを利用した場合のデメリット

基本的に、転職エージェントを利用することによるデメリットというものはありませんが、強いて挙げるなら下記3点が考えられます。

  1. 仮に同じ経験、スキルを持った人が直接応募した際、直接応募した人の方が採用されやすいかもしれない。
  2. 担当エージェントとの相性がある
  3. 担当エージェントが興味のない企業や転職を押し付けてくる

1.本当に無料?で説明させていただいた通り、求人企業は紹介を受けた人を採用した場合、転職エージェントに紹介料を払わなくてはなりません。ありえませんが、まったく同スキル、経験、人柄の人が直接応募してきたら直接応募の方を優先する企業もあると思います。

また、担当エージェントも人ですので、性格的に合う・合わないがどうしても出てきます。そんな時は、遠慮せずに担当エージェントを変更してもらいましょう。

最後の3ですが、希望していない企業を無理やり押し付けてきたり、すぐに転職するよう迫ってくるエージェントがいるとたまに耳にしますが、「転職者の人生」<「紹介料」と考えているようなエージェントはすぐに変更してもらうか、他の転職エージェントに乗り換えましょう。

 

以上、4回にわたって転職エージェントを使い倒すために知っておくべき基本的なことをお伝えさせていただきましたがいかがでしたでしょうか?
転職エージェントについて少しでも理解が深まったのであれば幸いです。

 

「彼(転職エージェント)を知り己を知れば百戦殆うからず」

皆様が、転職エージェントを使い倒し、充実の就転職活動を送れることをお祈り申し上げます。